CADと工業製品

CADと工業製品を設計

CADで設計する工業製品

3Dプリンターの低価格化によって個人でも工業製品の作成が出来るようになってきています。設計には3DCADを使います。安価なプリンターだと精度が心配ですがネジなど部品が失くなってしまったら作ることが出来ます。2Dだとデータ作成だけでしたが3Dプリンターはその実体を作ることが出来ます。3Dは2Dより難しいです、正しいデータが作れていれば良いのですが、細かなミスで3Dプリンターに送るデータとして成立しません。目で見ても分からないデータとしての整合性なので戸惑うことが有ると思いますがCADで設計してデータが正しければほしい物が作れます。地域の工業フェアーなどでデモンストレーションやったりしてますのでチェックしてみるのも良いと思います。

むずかしくないCAD製図

日常で触れる品物、堅苦しく言うと工業製品ですが、製造のため設計図が必要となります。設計図はCADと呼ばれるソフトで作成されます。無料から始められてむずかしくないソフトが多いです、業務用ソフトでは作図設定が複雑なものも多くそれだけ複雑な作図が可能となります。しかし、このソフトこれだけではなんの価値も有りません。最終的にプリンター、家庭用や縦型業務用プロッターなどで出力します。或いは、データーが直接工作機械に流れて製品が製造されます。手書きの図面ではこうは行きません。ミスを大きく減らし作業を効率化出来ます。工業製品の製造にはCADは欠かせない存在となっています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; CADの図面作成について All rights reserved