CADを利用した作図

CADを利用した作図を学ぶ

工業製品を設計する三次元CAD

CADとは、コンピュータを活用して設計作業や製図をするシステム全般を指すもので、コンピュータ支援設計と訳されることがあります。元来、製図作業や図面作成には膨大な時間を要していましたが、1960年代に米国で二次元CADが開発されて以来、その進展はとどまるところを知りません。当初は、ロッキード社が航空機を設計する目的で開発されたものですが、建築や機械、プラントなどの設計にまで領域を広げ、工業製品を作り上げる上で不可欠な存在にまでなってきました。近年では、三次元の処理機能が可能となり、工業生産能力の飛躍的な向上が期待されています。

CADを利用した作図について

目の前に有るほとんどの物、工業製品には設計図があります。設計図がないと同じ品物を作るのが非常に困難になりまた、大量生産も出来ません。その設計図を作るために使うソフトはCADと言われています。ドラフターも時々見ますが手書きはプロの技、ソフトなら使い方さえ覚えれば誰でも製図出来るようになります。例えばパソコンのDCファンを実測して作図します。それをプリンターで出力して型紙が出来ます、それをパソコンケースに貼り付け外周やネジ穴を鉛筆でなぞって印をします。そのとおりに穴を開ければ、ほぼピッタリにサイドダクトなど作れます。メーカーサイトで工業製品のCADデータを無料でダウンロードできたりしますので、気軽に始められます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; CADの図面作成について All rights reserved